カテゴリ:フランス( 3 )
2008年 07月 15日
パリを歩きながら
a0074540_856246.jpg

写真展の合い間にランチをよく食べたパン屋さんのウインドウ


a0074540_8571284.jpg



a0074540_8573377.jpg

パリ市内の貸し自転車。お金を入れている女性。


a0074540_8575360.jpg
a0074540_8581441.jpg

地元の人が通うレストラン、安くて、美味しくて、気風の良いサービスが楽しくて2度も入った。


写真展も終わって!(6月29日)

a0074540_8583871.jpg

朝、花やのグリーンのダンボールに付いた水滴が爽やかで綺麗だった。


a0074540_8591047.jpg


a0074540_8593375.jpg



a0074540_91536.jpg
a0074540_913357.jpg

ロダン美術館の庭は彫刻が何気なく配置されていて、居心地が良かった。鮮やかな庭の花を眺めながらのランチのバゲットにチーズとサイダーは美味しかった。



a0074540_915529.jpg



[
a0074540_932328.jpg
a0074540_934544.jpg
a0074540_945578.jpg

どことなく粋でお洒落なウインドウ!

娘の真里子とスペインから来たカルロスと10時間くらい歩いた一日だった。パリは歩いても歩いても疲れることなく楽しかった。
by hiroko-ikeda | 2008-07-15 08:52 | フランス
2008年 01月 22日
パリで写真展をしたくて!
機内にて
a0074540_071813.jpg
a0074540_08148.jpg

隣に坐ったのが、爽やかで素敵なANAの客室乗務員だった。彼女が「窓の外きれいですよ。撮りますか?」というわけで初めて機内から外の景色を写した。食事がくると楽しそうに写す様子につられて機内食を初めて写した。旅の妙味だと思う。

ホテル
a0074540_1295310.jpg

a0074540_1302970.jpg

インターネットで予約したホテルは、マレ地区にほど近く18世紀の建物をバスルームだけ近代化してあった。ロビーには、18世紀に使われた家具やカードテーブルがデイスプレイされて暖かく心地よかった。

写真展決まるー1月15日
ギャラリーを3つ見る。8区の道路に面した広いギャラリー(GALERIE-EVERARTS),20年間開いているという女主人も感じがよく、6月23日~28日(オープニングパーテイ-24日)に決めた。去年の失敗の為、期間は1週間になったが、去年より場所、オーナー、スペースとすべて良いほうになったのが嬉しかった。

プリントを頼むー1月16日~17日
a0074540_0461853.jpg

パリは東京より詳しいというフランスの食材輸入をしている女友達が「会って何でも相談して」と紹介してくれたフランソワーズが「友人に活躍している写真プリンターがいるが興味ある?」という事で、モンマルトルに近い工房、作品を見せてもらう。左ーフランソワーズ、右ブルーのシャツがプリンターのオデイール。
翌日、フランソワーズにもう一度付き合ってもらって、プリントの依頼をした。日本の風景を3枚、フランス人のプリント仕上げ、フレーム選択がとても楽しみで今からわくわくしている。

冬のパリ
a0074540_0491311.jpg

a0074540_15341316.jpg

a0074540_0494849.jpg
a0074540_0501497.jpg

今年の冬は、ことのほか暖かいという。もうミモザが街角の花やにあった。

再会ー1月18日
a0074540_0545475.jpg

去年旅行中の若い女性の家を借りた。鍵を持ってきた母親ベテイと仲良くなり食事等案内してくれた。ベテイ(左の白いシャツ姿)と再会してランチとおしゃべりを楽しんた。一年ぶりに会ったベテイは、見違えるようにはつらつと輝いているので、この一年の様子を聞くと一緒に来たクリステイと旅行をしているという。パリ~モスクワ~モンゴル~北京~パリの3週間は素晴らしかったという。そして先週イタリアのシエナから帰ってきたばかりと。旅は「夫を亡くしたのよ」と愁いを浮かべて夫の写真を見せてくれたベテイをすっかり活き活きとさせたようだった。

ピカソ美術館-1月19日
a0074540_1313753.jpg
a0074540_132570.jpg

a0074540_1324570.jpg

a0074540_133349.jpg

前日まで改修で休館だったので、帰国便が夕方の為、朝一番でピカソ美術館に行った。ピカソの作品を快い静寂に包まれて、ゆったりと鑑賞できて至福のときだった。
ホテルから歩いた道は、土曜日のせいか人通りもなくひっそりと風情があった。やはりパリは好きだった。
by hiroko-ikeda | 2008-01-22 22:03 | フランス
2007年 03月 10日
パリにて
3月1日
a0074540_1342979.jpg
a0074540_13424089.jpg
a0074540_1343289.jpg
a0074540_13433640.jpg

リパブリックに近い、スリランカに旅行中の女性のアパートを借りた。持ち主のお母さんが鍵を届けてくれて、部屋のしつらえが娘とそっくりというと「じゃ独身でしょ、貴女も孫がいないのかしら? 滞在中よければ夕食一緒にいかが?」ということで3日の夕食の予定が出来た。近くで出来立てのパン、パテ、果物を買って来て朝食を。

3月2日
ケ・ブランリ美術館
a0074540_13455920.jpg
a0074540_13463044.jpg
a0074540_13465517.jpg
a0074540_1347198.jpg

この美術館はアジア・アフリカの作品が膨大な量展示されている。パリで今話題らしく子供連れの3代の家族が多い風景はあまり東京では見られないなーと思った。美術館のテイールームで飲んだ暖かいショコラは、とても美味しかった。

パリの街角
a0074540_13482477.jpg
a0074540_13502177.jpg
a0074540_1350439.jpg
a0074540_13511458.jpg

オランジェリー美術館
a0074540_13525432.jpg
a0074540_13531254.jpg

新装のモネのオランジェリーはガラス張りの建物になっていた。

3月3日
a0074540_13564076.jpg

秋の写真展をこの左のギャラリーで開くことにした。

a0074540_1357650.jpg

a0074540_1359898.jpg

夕食の前に彼女のアパートによる。私達の会話が成立したのは、彼女は、リタイアーした工科大学の英語の教授だったから。私と同じ年の生まれだった。2000年に映像作家のご主人をなくしたのこと。その夜は素敵な今人気のレストランに案内されて、戦争のこと、日本映画等気がついたら11時それからマレ地区を散歩して午前様でした。

3月4日ー誕生日
a0074540_13593144.jpg

日曜日のルーブルは無料なので。開館を目指して行ったが混んでいた。エジプトに行ったばかりなのでエジプトを中心に見た。

a0074540_1402582.jpg

前日チケットを買っておいたので、オペラ座でバレエを観た。近代バレエはなかなか刺激があって興味深かった。

3月5日
a0074540_141220.jpg
a0074540_1412143.jpg

あたらしくなったグランパレに行くと驚いたことにエジプト展だった。ラムセス2世と王妃ネフエルタリにパリで出会うとは!とても混んでいた。

3月6日
a0074540_1415533.jpg

夕方の便なので、小雨の朝 プチパレに出かけた。この日は幼稚園のグループが沢山来ていた。皆、神妙にルネッサンスとか古代の壷とかの説明を聞いていた。さすが文化を大切にするお国柄と思った。

殆んど地下鉄を乗り継ぎ、あとは毎日6時間以上歩いていた。歩くのが楽しい街だと改めて感じた。写真展は11月23日~12月5日に決まった。
by hiroko-ikeda | 2007-03-10 13:53 | フランス
HIROKO IKEDA Official Web Site
カテゴリ
最新の記事
講談ー「那須の余一」他
at 2017-06-17 23:10
豊竹英太夫改め六代豊竹呂太夫..
at 2017-05-20 11:59
文楽ー国立劇場開場50周年記..
at 2017-05-19 16:37
マンションのベランダに咲くバラ
at 2017-05-15 16:19
宮島ー厳島神社
at 2017-04-06 15:55
前橋汀子さん
at 2016-07-07 14:08
喜寿!
at 2016-07-07 13:18
初夏の日光
at 2016-06-16 14:21
写真展から
at 2016-05-08 05:04
池田博子写真展2016
at 2016-05-05 19:58
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31