<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
2014年 01月 25日
シンポジュウム「日本工芸の21世紀を考える」
人間国宝展
a0074540_11105497.jpg

副題「生み出された美、伝えゆくわざ」の人間国宝展は展示が現代の原点になるような古代の作品と現代の作品と対照させていたので興味深く鑑賞した。

a0074540_11165450.jpg

            「振袖 白縮緬地衝立鷹模様」 江戸時代・18世紀

a0074540_11172829.jpg

            森口華弘昨 友禅訪問着 「羽衣」 昭和59年(1984)

最近 食事会、観劇等に着物を着ることが多い。古希から自分で着られるようにと着付けの御稽古をしている。まだ袋帯、二重太鼓になると何回も締め直すことになります。
27日の新年会で友人の泰代さんが素敵な着物の生地のドレスを着ていらした。なんと森口華弘の訪問着を仕立て直したと聞いてびっくりしました。ワンピースの腰から下は黒地で上半身を梅の花模様で季節感もぴったりの装いでした。

ドナルド・キーン氏の講演会
a0074540_11334184.jpg
a0074540_11343568.jpg

91歳のキーン氏はわかりやすい日本語で21世記の日本の工芸について生み出された美、伝えゆくわざについて話された。日本の伝統工芸は不易流行と。

パネルディスカッション
ニコル・クーリジ・ルーマニエル(大英博物館アジア部日本セクションキュレーター
深沢 直人 (デザイナー・日本民芸館 館長)
内田 篤呉 (MOA美術館 館長)
室瀬 和美 (重要無形文化財「蒔絵」保持者
わかりやすく映像を流しながら、伝統工芸がこれからグローバルに認識されていくためにはKOUGEIという言葉に変わっていくだろうと。
by hiroko-ikeda | 2014-01-25 20:07 | 彩りに惹かれて
2014年 01月 24日
ザ・タイガース 2013 LIVE IN 東京ドーム
BSプレミアムにて-1月24日
a0074540_1104276.jpg

場内の熱狂がどよめきとともに画面から伝わってきた
a0074540_111875.jpg

メンバー全員おじさんになって熱唱しているのがとても良かった。
a0074540_1115145.jpg
a0074540_1122214.jpg

a0074540_1125046.jpg
a0074540_1132375.jpg

               満員の東京ドーム!

最後に「蛍の光」をバックに沢田研二が
「みんな今日まで生きてきました。みんな今日も生きています。みんな明日も生きていきます。」
そして客席に向かって
「ありがとうございました。」と3度繰り返して頭を下げた。
by hiroko-ikeda | 2014-01-24 11:57 | 好きなもの
HIROKO IKEDA Official Web Site
カテゴリ
最新の記事
講談ー「那須の余一」他
at 2017-06-17 23:10
豊竹英太夫改め六代豊竹呂太夫..
at 2017-05-20 11:59
文楽ー国立劇場開場50周年記..
at 2017-05-19 16:37
マンションのベランダに咲くバラ
at 2017-05-15 16:19
宮島ー厳島神社
at 2017-04-06 15:55
前橋汀子さん
at 2016-07-07 14:08
喜寿!
at 2016-07-07 13:18
初夏の日光
at 2016-06-16 14:21
写真展から
at 2016-05-08 05:04
池田博子写真展2016
at 2016-05-05 19:58
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31