2014年 06月 30日
「ジャズは気楽な旋律」-木全信  平凡新書
ープロデューサーが出会った素顔の巨人たちー
a0074540_1353164.jpg

大学同期のゴルフ仲間が本を出した記念パーテイーがプレスクラブであった。
a0074540_1361868.jpg

やはり着物で出かけた。50代の頃一目ぼれした小宮康孝氏の江戸小紋に母の遺した大好きな袋帯を締めた。写真は後日木全さんがお礼状と共に送ってくださった写真をカットしたものです。
# by hiroko-ikeda | 2014-06-30 13:16 | 着物
2014年 06月 30日
着物を着るこの頃
a0074540_12453734.jpg

     お気に入りのグレーとピンクの縦ぼかしの着物です。明治記念館での桜鑑賞で着ました。

a0074540_12463192.jpg

     母の遺した大島です。仕立て直しをしたので着やすく大好きになりました。

a0074540_1247783.jpg

4月の中学1年時のクラス会ランチに着ていきました。皆にとても褒められてうれしいひと時でした。帯も母の物で芯がなく柔らかくとても結びやすいのです。

この一揃いがとても着やすく好きなので、5月の大学のクラス会にも着ていきました。帯締めは4月は黄色、5月は空色に変えて楽しみました。
# by hiroko-ikeda | 2014-06-30 13:03 | 着物
2014年 06月 12日
文楽に惹かれるこの頃
杉本文楽ー曽根崎心中 (3月23日)
a0074540_14313367.jpg

2013年秋、マドリード、ローマ、パリの観客を魅了した「杉本文楽 曽根崎心中」を若い女友達の誘いで観ることができた。「曽根在心中」を近松門左衛門の原文に忠実なままの舞台です。舞台装置がシンプルな中に斬新な赤の色、線の面白さを活かしてあり、素晴らしかった。


国立文楽劇場開場30周年記念
ー七世竹本住太夫 引退公演ー(5月20日)
a0074540_14472059.jpg

夜の部の前に楽屋内、舞台、人形の遣い方の見学をさせて頂き、舞台の幅と大きさ、人形の動かし方、大きさや表情を近くで拝見しながら説明を聞いた後の舞台は素晴らしかった。太夫の語りと人形のしぐさがそれはもう一体になった舞台に惹きこまれてしまった。
# by hiroko-ikeda | 2014-06-12 14:45 | 好きなもの
2014年 06月 12日
井上ひさし・作ー化粧 3月20日
平 淑恵の独り舞台
a0074540_13454744.jpg

こまつ座30周年の上演でした。一人芝居は初めての観劇でした。平 淑恵の熱演が心地よかった。
中等部時代は演劇部にいて舞台装置、衣装、ナレーターをするのが好きだったので、終演後に舞台装置の見学と説明があり興味深かった。
# by hiroko-ikeda | 2014-06-12 13:53 | 好きなもの
2014年 06月 03日
寫眞集食堂ーめぐたま(恵比寿)
a0074540_10203090.jpg
a0074540_10222179.jpg
a0074540_1023529.jpg

一昨年閉店した上野広小路「めぐり」のオーナーだった岡戸さんが「写真集食堂 めぐたま」を2月に開いた。写真評論家 飯沢耕太郎氏の蔵書(写真集)4500冊が展示され閲覧自由です。食事はもちろん岡戸さんの体にやさしいご飯です。イベントプロデューサーのミセス飯沢(土岐小百合)のお母様の土地(恵比寿)に建てられたものです。岡戸さんの御食事を久しぶりに私の写真展第一回から写真を見てくださっている昭子さんと一緒に頂いた。
# by hiroko-ikeda | 2014-06-03 10:35 | 美味しいもの
2014年 05月 17日
今年もマンション6階に咲く見事な薔薇
a0074540_108572.jpg
a0074540_1083617.jpg


a0074540_1095716.jpg


a0074540_1010568.jpg


a0074540_10112932.jpg

# by hiroko-ikeda | 2014-05-17 10:05 | 彩りに惹かれて
2014年 03月 22日
Napa Valley - ゴルフとワイナリー巡り
Eagle Vines - Vineyards & Golf Club

海子さんと私はマイレージが貯まったのでNapa Valleyに出かけた。海子さんの同期生のご紹介だった。
やはり同窓の後輩のEagleVines支配人水原氏に今回の旅のアレンジをすべてお願いした。
a0074540_11452642.jpg
a0074540_11465981.jpg

3番から4番ホールにはシャルドネが植えてあり、17番にはカベルネ・ソービニヨンというワイナリーの中でラウンドしているのはとても気持ちが良かった。

a0074540_13402350.jpg

コーチのジムと海子さん。ジムは温厚な素晴らしい指導者で、私たちはすっかり気に入って、結局ジョニー・ミラー設計のタフなコースを5日間一緒にラウンドして頂いた。

a0074540_11502689.jpg

ジムの愛犬はいつもゴルフショップに鎮座して皆を和ませていた。

a0074540_1154249.jpg

a0074540_1151773.jpg
a0074540_11513098.jpg

ラウンドの後、ワイナリーを眺めながらクラブハウスでワインをいただくのは至福の時だった。ちなみに此処でできたシャルドネは帝国ホテルに収めているという。私達も6本ずつ送っていただくことにした。
水原氏には滞在中ゴルフクラブへ送り迎えまでしていただき、そのホスピタリテイーに感謝しつつ、持つべきは素敵な後輩かと感じています。


ワイナリー巡り

Beringer Wine Clubs-ESTD 1876
a0074540_18112533.jpg

a0074540_18122471.jpg
a0074540_1813581.jpg


Rombauer Vineyards
a0074540_18145982.jpg
a0074540_18154391.jpg


Opus One
a0074540_18164126.jpg
a0074540_18181445.jpg


Mondavi
a0074540_181963.jpg

最後のテイステイングのころにはさすがに飲み疲れて、中庭のお花に目がいった。

a0074540_18194611.jpg

# by hiroko-ikeda | 2014-03-22 12:17 | ゴルフ
2014年 02月 27日
ラファエル前派展ー英テート美術館から
a0074540_10171842.jpg
a0074540_10171072.jpg

淑恵さんから招待状を頂いたので森アーツセンターギャラリーに出かけた。ラファエル前派のミューズたちの「ミレイの「オフィーリア」をはじめ、美女たちが描かれた作品たちから、自由奔放な生き方が伝わってきて楽しかった
# by hiroko-ikeda | 2014-02-27 10:12 | 日々のこと
2014年 02月 18日
満州生まれ
a0074540_951099.jpg

今年の日本経済新聞の「私の履歴書」は小澤征爾氏の満州生まれ、、、から始まった。満州国新京市で生まれ、戦後引き揚げてきた私には興味深く読んだ。

a0074540_953477.jpg

元旦から並行して百田尚樹の「海賊と呼ばれた男」上下を読み始めていた。この小説に出てくることは生前の父がよく話していたことが多く一気に読んだ。出光計助氏と父は晩年昼食を東京会館でしばしば食べながら、満州時代の話を楽しそうにしていたそうです。

2月の「私の履歴書」は 中学は同級、大学は同じ国文学科の市川猿翁(3代目市川猿之助)です。同じ年代方が續くことに、自分の人生も終楽章になっている事を思い知る。
# by hiroko-ikeda | 2014-02-18 09:44 | 日々のこと
2014年 01月 25日
シンポジュウム「日本工芸の21世紀を考える」
人間国宝展
a0074540_11105497.jpg

副題「生み出された美、伝えゆくわざ」の人間国宝展は展示が現代の原点になるような古代の作品と現代の作品と対照させていたので興味深く鑑賞した。

a0074540_11165450.jpg

            「振袖 白縮緬地衝立鷹模様」 江戸時代・18世紀

a0074540_11172829.jpg

            森口華弘昨 友禅訪問着 「羽衣」 昭和59年(1984)

最近 食事会、観劇等に着物を着ることが多い。古希から自分で着られるようにと着付けの御稽古をしている。まだ袋帯、二重太鼓になると何回も締め直すことになります。
27日の新年会で友人の泰代さんが素敵な着物の生地のドレスを着ていらした。なんと森口華弘の訪問着を仕立て直したと聞いてびっくりしました。ワンピースの腰から下は黒地で上半身を梅の花模様で季節感もぴったりの装いでした。

ドナルド・キーン氏の講演会
a0074540_11334184.jpg
a0074540_11343568.jpg

91歳のキーン氏はわかりやすい日本語で21世記の日本の工芸について生み出された美、伝えゆくわざについて話された。日本の伝統工芸は不易流行と。

パネルディスカッション
ニコル・クーリジ・ルーマニエル(大英博物館アジア部日本セクションキュレーター
深沢 直人 (デザイナー・日本民芸館 館長)
内田 篤呉 (MOA美術館 館長)
室瀬 和美 (重要無形文化財「蒔絵」保持者
わかりやすく映像を流しながら、伝統工芸がこれからグローバルに認識されていくためにはKOUGEIという言葉に変わっていくだろうと。
# by hiroko-ikeda | 2014-01-25 20:07 | 彩りに惹かれて
HIROKO IKEDA Official Web Site
カテゴリ
最新の記事
講談ー「那須の余一」他
at 2017-06-17 23:10
豊竹英太夫改め六代豊竹呂太夫..
at 2017-05-20 11:59
文楽ー国立劇場開場50周年記..
at 2017-05-19 16:37
マンションのベランダに咲くバラ
at 2017-05-15 16:19
宮島ー厳島神社
at 2017-04-06 15:55
前橋汀子さん
at 2016-07-07 14:08
喜寿!
at 2016-07-07 13:18
初夏の日光
at 2016-06-16 14:21
写真展から
at 2016-05-08 05:04
池田博子写真展2016
at 2016-05-05 19:58
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31